加害者のメリット

交通事故を引き起こしてしまった加害者が弁護士に相談することのメリットです。加害者は、被害弁済や慰謝料を支払う必要があります。しかし、その慰謝料は適切なのでしょうか。後遺障害14級という、これを取得すると、慰謝料が請求できるのですが、その条件の中には、医師の診断もしづらいものがあります。神経症状について。むちうちなどで、手足のしびれ、首、肩の痛みが生じた場合をさしますが、持病で肩こりがあった場合、交通事故以前から痛みがあったが、交通事故によって悪化した気がするなどと証言され、その分の慰謝料を払うのか、疑問が生じます。

このように、被害者が過大に症状を説明するなどして慰謝料を多く請求することもあります。被害者が逆に加害者になるということです。そして、症状が悪化してきたなどと交通事故の話に決着がついて数か月、数年してから請求する被害者もいるのです。そこに巻き込まれては、過失であった場合の交通事故にはたまったものではありません。ですので、トラブルが長期化しないように、当人同士で解決せずに弁護士を通しておくことで、早期に解決できます。言った言わない、後出しで長期化するなどという事態は回避することができます。

被害者のメリット

交通事故に遭ってしまった被害者が弁護士に相談するメリットについて教えます。
被害者には、慰謝料が発生します。それはケガ、障害の症状に応じてそれ相応の金額になります。ケガの場合、医師の診断書で入院、通院費を慰謝料として受け取ることができます。後遺障害の場合、生活への支障や、定期的に通院が必要になってしまいます。そのための費用の請求などが発生し、それを慰謝料として請求することができます。後遺症14級に認定されると、正式に加害者への請求が可能です。弁護士に相談することで、適正な判断をしてもらえます。泣き寝入りすることが減ります。

この14級等級により、自賠責保険であれば32万、裁判所を通すと110万円となります。条件である9つ事項に1つでも該当すると、請求を受け取ることができます。指の機能を損傷した、顔に大きな傷跡が残ったなど、生活するのに支障が出る場合には、今後もその症状を抱えたまま生活をするわけですから、少しでも前向きに暮らせるように、最大限の保障はしてもらいたいところです。当人同士で解決してしまうと、トラブルの元となり、加害者の都合の良いように丸く収まってしまうこともあります。ここは弁護士に相談することで、公平な判断を仰ぎたいです。

交通事故の相談は弁護士へ

交通事故に遭ってしまったら、または自ら起こしてしまったら、当人同士での相談は危険です。第三者の目、すなわち弁護士に相談をしましょう。なぜなら当人同士の場合、言った言わない、後から慰謝料の請求を多額にしてきたなどトラブルになる事があり、解決が遠のきます。そこからさらに、話が大きくなる可能性があります。

弁護士を通すことで、短期間の白黒はっきり付けて、トラブルをさけます。これは、被害者であっても加害者であっても同じで弁護士への相談が賢明です。被害者の立場では、適正な被害弁済を受けるために必要です。交通事故に遭ったことのショックなどダメージはありますが、適正な治療をするにも早い判断が必要です。自分のためにも早期解決しましょう。加害者の立場では、過失であればなおのこと早期解決が鉄則です。してしまった過ちは仕方のないこと、包み隠さず真摯に受け入れ賠償を行いましょう。そのためにも被害者には正しい処置を受けてもらい、それに応じた被害弁済を払いましょう。

当人同士では、トラブルが長引き、尾ひれがついて話がまとまらなくなりますので、交通事故に詳しい弁護士に相談することで話が大きくならず、早期解決が見込めます。弁護士に依頼するとかえって費用が高くつく、という話も聞きますが、交通事故に詳しく、実績のある弁護士はいくらでもいます。良心的な弁護士への相談が必要です。交通事故の被害者も加害者も困った時には、弁護士へ相談を。