被害者のメリット

交通事故に遭ってしまった被害者が弁護士に相談するメリットについて教えます。
被害者には、慰謝料が発生します。それはケガ、障害の症状に応じてそれ相応の金額になります。ケガの場合、医師の診断書で入院、通院費を慰謝料として受け取ることができます。後遺障害の場合、生活への支障や、定期的に通院が必要になってしまいます。そのための費用の請求などが発生し、それを慰謝料として請求することができます。後遺症14級に認定されると、正式に加害者への請求が可能です。弁護士に相談することで、適正な判断をしてもらえます。泣き寝入りすることが減ります。

この14級等級により、自賠責保険であれば32万、裁判所を通すと110万円となります。条件である9つ事項に1つでも該当すると、請求を受け取ることができます。指の機能を損傷した、顔に大きな傷跡が残ったなど、生活するのに支障が出る場合には、今後もその症状を抱えたまま生活をするわけですから、少しでも前向きに暮らせるように、最大限の保障はしてもらいたいところです。当人同士で解決してしまうと、トラブルの元となり、加害者の都合の良いように丸く収まってしまうこともあります。ここは弁護士に相談することで、公平な判断を仰ぎたいです。