交通事故の相談は弁護士へ

交通事故に遭ってしまったら、または自ら起こしてしまったら、当人同士での相談は危険です。第三者の目、すなわち弁護士に相談をしましょう。なぜなら当人同士の場合、言った言わない、後から慰謝料の請求を多額にしてきたなどトラブルになる事があり、解決が遠のきます。そこからさらに、話が大きくなる可能性があります。

弁護士を通すことで、短期間の白黒はっきり付けて、トラブルをさけます。これは、被害者であっても加害者であっても同じで弁護士への相談が賢明です。被害者の立場では、適正な被害弁済を受けるために必要です。交通事故に遭ったことのショックなどダメージはありますが、適正な治療をするにも早い判断が必要です。自分のためにも早期解決しましょう。加害者の立場では、過失であればなおのこと早期解決が鉄則です。してしまった過ちは仕方のないこと、包み隠さず真摯に受け入れ賠償を行いましょう。そのためにも被害者には正しい処置を受けてもらい、それに応じた被害弁済を払いましょう。

当人同士では、トラブルが長引き、尾ひれがついて話がまとまらなくなりますので、交通事故に詳しい弁護士に相談することで話が大きくならず、早期解決が見込めます。弁護士に依頼するとかえって費用が高くつく、という話も聞きますが、交通事故に詳しく、実績のある弁護士はいくらでもいます。良心的な弁護士への相談が必要です。交通事故の被害者も加害者も困った時には、弁護士へ相談を。